ブライダルローンの有効活用

2012-04-20

結婚式は、一生に一度で、妥協はしたくないものである。

しかし、妥協しなければ費用がどんどんかさみ、大変なことになる。

ブライダルローンは、一般の借入れよりも金利が安く、利用価値が高い。

実際に式場で見積もりを取ってもらい、その費用を借入れる。

ブライダルローンはその見積書が重要で、その額によって借入れ出来る金額が変わる。

余分な資金を調達したいのであれば、見積もりを高くしてからブライダルローンを組んだ方が良い。

実際に結婚式と披露宴でかかる費用は、見積もり書の金額だけでは決して収まらない。

オプションだけでなく、例えば、結婚式の打ち合わせの際にかかる会場までの電車やバス代、ウエディングドレス、タキシードの代金が含まれているプランでの結婚式の場合は、その設定価格以上のウエディングドレスを選んだ際にかかる超過費用、やはりフラワーシャワーやライスシャワーをしたいとなると、それ相応の金額が見積もりの金額に上乗せとなる。

見積もりの段階で、これらの細かい設定も含めて考えるのは極めて難しい。

結婚式の代金の清算は、通常であれば先払いなので、全ての料金が決定次第、提示された金額を用意しなければならない。

つまり、予めブライダルローンを組んで、手元に資金を用意しておかなければならない。

もしブライダルローンを考えているのであれば、なるべく早めに申し込む必要がある。

結婚式を挙げるには、莫大な費用がかかるため、事前に全ての準備をすること大切である。

Posted by Wilson Cham / Filed under:カテゴリ《ブライダルローン》

Leave a comment

Name (必須)
Mail (will not be published) (必須)
Website